ミドル脂臭(オヤジ臭)も加齢臭も、消臭する方法はコレ!

口臭対策
Xsign

加齢臭は聞いたことがあっても、ミドル脂臭というのは初めてかもしれません。でもオヤジ臭というのは聞いたことがあるのではないでしょうか。そうです、オヤジ臭ミドル脂臭は同じニオイを指す言葉です。
オヤジ臭といいますが、実はオバサンからも同じニオイ(オバサン臭)が・・・なので、ミドル脂臭という言葉の方が適切な表現といえると思います。

ミドル脂臭加齢臭も、歳を重ねた人たちが発するニオイですが、ミドル脂臭は「脂」という文字が使われていることからわかるように脂ぎったニオイで、加齢臭はちょっとすえたような干し草のニオイという感じです。

ミドル脂臭はだいたい30代から50代のオヤジ臭オバサン臭で、加齢臭になると50代以降のオジイサン臭オバアサン臭だと思ってもらってもいいかと思います。

ニオイの原因

ミドル脂臭(オヤジ臭・オバサン臭)

ミドル脂臭というのは、2013年に化粧品メーカーのマンダムが提唱した造語で、中年世代(ミドルエイジ)の男性の頭部から発せられる脂っこい汗のニオイに対して名付けたものです。
それ以前から知られていた加齢臭とは異なるニオイであり、加齢臭が出るようになる50代以降ではなく、30~40代特有の体臭があることに気付き調査することとしたようです。分析研究した結果、原因成分はジアセチルと判明し、この成分は40代を中心に増加する傾向があり、口臭や足臭の1.4~1.5倍の臭さを感じるものであるとわかったようです。

汗腺から分泌された汗が、頭皮の常在細菌であるブドウ球菌により分解されるとジアセチルという不快なニオイ成分が生成されるのですが、これに頭皮の皮脂から分解された中鎖脂肪酸が混ざると、よりクサみの増した揮発性の高いミドル脂臭となり、拡散されてしまいます。

なぜ40代頃になると汗が悪臭へと変わってしまうかというと、アルコールや肉食偏重といった食生活の乱れと運動不足による発汗機能の衰えから、分泌される汗の濃度が濃く粘度も高くなり、また後頭部から首筋にかけての発汗量が生理的に多くなることもあり、ジアセチルが生成されやすくなる環境ができてしまうといわれています。

加齢臭(オジイサン臭・オバアサン臭)

加齢臭は、2001年に資生堂リサーチセンターの研究で2-ノネナールというニオイ成分が高齢者の体臭の原因として発表され、命名されたものです。

皮膚には皮脂が分泌されているのですが、年齢とともに脂肪酸と過酸化脂質が多く含まれるようになり、これらが反応し酸化されてしまうと、2-ノネナールという成分に変化し加齢臭となります。人間は酸素を利用して代謝を行なっているので、つねに活性酸素は自然発生してしまうのですが、歳とともに活性酸素は増えるといわれていますし、ストレスが溜まることでも増加するとのことです。体内の酸化に伴って過酸化脂質も増える傾向にあるので、そのため年齢を重ねていくに従い加齢臭が発生してしまうのは避けられないといった感じです。

ただ、加齢臭が生じやすい箇所は体幹部といわれる胸や背中なので、服を着ていれば、それほど他人にニオイを感じられることはありません。服は加齢臭くさくなってしまいますが・・・

ニオイ対策

ミドル脂臭

主に後頭部から首筋の部分からニオイが発生していますので、まずは頭皮を清潔に保ちましょう。

頭を洗う時は、いきなりシャンプーをするのではなく、最初はシャワーなどで髪の毛や頭皮についた汚れを洗い流してください。ミドル脂臭は粘性の強い脂分が元凶ですので、シャンプーをする前に丁寧にほぐしておくとやわらかくなり脂分を落としやすくなります。
シャンプーを泡立てたら、頭全体の汚れを落とすことはもちろんですが、後頭部から襟足にかけて脂分を取り除くイメージで頭皮をマッサージするように洗います。

しっかりと脂分を洗い流すには二度洗いオススメします。シャンプーを流す際には、泡が残らないよう、十分にすすいで頭皮をやさしくケアしてください。

そして洗髪後は、地肌を拭くように髪の毛だけでなく頭皮もしっかり乾かしてください。水分が残ると、毛穴が詰まる要因となり汗の適切な分泌を妨げることになってしまいます。

加齢臭

加齢臭が生じやすい場所は、胸や背中など汗の出やすい部分で、皮脂が酸化することでニオイを発生させる仕組みです。そこで、入浴時にはボディソープで丁寧に洗い流す必要があります。特に背中は手が届きにくく、汚れが落ちにくい場所なので、洗い残しが無いよう注意してください。

ふだんでも汗をかいた時には、吸汗性の高いタオル等を使って、汗を拭きとることを習慣化しておくとよいかもしれません。

また、汗が染みついた洋服から加齢臭が漂うこともありますので、着ている洋服が蒸れたように感じたときには速やかに取り換えて、すぐに洗濯するようにしましょう。コートやスーツなど、簡単に洗濯できないような場合は、衣料用の殺菌効果のある消臭スプレーを使ってください。

体質改善

分泌される汗そのものを改善することで、臭くならないように予防をしましょう。

汗の粘度を高くする要因としては、アルコールの摂りすぎや獣肉ばかり食べてしまう偏食といった食生活の問題が考えられます。やはり脂っこい食べ物は皮脂の分泌を促進させてしまいますし、胃腸に負担をかけることで消化機能が低下し悪臭となるニオイ成分が体内を巡り汗腺から放出されるということも起きてしまいます。アルコールは肝臓で分解される時に強い毒性と臭気を持つ成分を生成しますが、肝臓機能が弱まっていると、この悪い成分が血流にのり汗として排出される際に汗腺に負担をかけることになります。

脂っこい食事やアルコールの摂り過ぎはやめ、ビタミンや食物繊維が豊富な緑黄色野菜で体調を整えるとよいです。

また、汗腺の働きを良くすることが悪臭の発生を防止することになるので、スポーツなどの運動やサウナ、入浴などでふだんからよく汗をかいて、汗腺を刺激することも効果的といえます。

サプリメント

体内環境を改善をサポートするといわれているサプリメントがあります。頭皮やカラダを清潔にした上で、体内をきれいにする一つの方法として考えてみてもいいのではないでしょうか。ミドル脂臭加齢臭の予防に期待ができるかもしれません。

⇒ 歯科医師共同開発の全額返金保証書付き口臭サプリ【ブレスマイル】

ブレスマイルは、「食べ物や飲み物のニオイ」「緊張時の乾燥によるニオイ」「口内環境によるニオイ」「体内環境によるニオイ」をターゲットにしたサプリメントです。

ミドル脂臭加齢臭での汗というのは「体内環境によるニオイ」対策があてはまります。しかし、ニオイのモトは一つだけとは限りません。歳を経るにつれ、口臭も強くなってしまうものです。

ブレスマイルは、噛み砕いて服用するチュアブルタイプの錠剤なので、口の中でゴロゴロと転がしながら舐めると、唾液の分泌が促されるとともに舌苔(ぜったい)も取り除いてくれます。舌苔というのは、舌の上にできる食べカスや雑菌の塊で、年齢とともに増える傾向にあるようです。舌苔も口臭の原因とされているので、これを無くすと口臭の改善につながります。

⇒ ミドル脂臭加齢臭を気にするようになったら【ブレスマイル】でケアをしましょう!

ブレスマイルは、ミントの爽やかな香りが漂うサプリメントなので、若々しさを感じてもらえるのではないでしょうか。

 

ブレスマイルはサプリメントなので、性別や年齢に関係なく摂取することが可能です。
しかし、原材料の一部に乳製品や大豆由来成分を使用しているため、これらにアレルギーのある方は注意願います。
また、サプリメントですので、個人差もありますが、実感できるまで時間がかかることがありますので、3ヶ月~半年くらいは継続してみてください。
ただし、想定外の結果が表れた時には速やかに病院で診察をお受けになるよう、お願いします。

≪ブレスマイルトップページ